<お知らせ>
確定拠出年金制度の法改正にともない、2017年1月より確定拠出年金の取扱が変更となります。
このページは、2016年12月までの確定拠出年金の制度取扱に基づいて作成しております。
2017年1月からの個人型確定拠出年金の制度取扱については、「ろうきんのiDeCo(個人型確定拠出年金)スペシャルサイト」にてご案内しておりますので、こちらをご参照ください。

はじめに(概要・移換方法)

確定拠出年金制度は、会社員が加入する「企業型DC」の他に、自営業者などが任意で加入する「個人型DC」があります。

企業型DC加入者が、DC未導入の企業に転職した場合や、60歳前に退職した場合には、脱退一時金の支給要件に該当しない限り、企業型DCの資産を個人型DCに移換します。
転職先に企業年金制度が無い場合や自営業者となった場合には、個人型DCの「加入者」として自ら掛金を拠出することが出来ますが、それ以外の場合は、掛金の拠出は出来ず「運用指図者」として資産の運用だけを行うことになります。

なお、個人型DCの加入者(または運用指図者)が、企業型DC導入企業に就職した場合には、個人型DCの資産を企業型DCに移換します。

企業型確定拠出年金に加入されていた方

60歳前の転退職時には、加入者自身での手続きが必要です。 60歳前の転退職時には、個人型DCか、転職先の企業型DCに資産を移換する必要がありますが、その手続きは加入者自身で行う必要があります。 手続きを失念したまま6ヶ月を経過すると、資産が国民年金基金連合会に自動的に移換されて、積立てや運用指図が出来ない状態となり、セカンドライフに向けた資産形成に支障をきたすことが懸念されます。

転退職時の資産移換フロー

ろうきんは、「生涯生活設計を支援する取組み」の一環として、全国13の労働金庫が個人型DCの運営管理機関となり、企業型DCから個人型DCへの移換手続きをご案内することで、労働組合を積極的にサポートしています。

移換手続きに関するお問い合わせはこちら
よくあるご質問用語集
・企業年金に関するご相談
・労働組合学習会の開催
・ろうきんDC定期預金のご利用
・DC投資教育の講師派遣
・個人型DCへの加入
詳しくは全国のろうきんへお問い合わせください。お住まいの地域のろうきんをご案内いたします。全国ろうきんマップ