労金連のご案内 ごあいさつ
理事長 森田則夫 皆さま、労働金庫連合会のホームページへようこそ!

労働金庫〈ろうきん〉は1950年に兵庫県と岡山県に設立されたのがはじまりです。敗戦後、普通の金融機関からお金が借りられず、高利に苦しんでいた勤労者を救うために、勤労者自らの手で作られた金融機関です。以来、ろうきんは「働く人の夢と共感を創造する協同組織の福祉金融機関」として、働く人々に寄り添い、その日々の暮らしを支援してきました。
現在、全国に13ある〈ろうきん〉は、627の店舗(2018年3月末現在)を有し、その預金残高は約20兆円、住宅・自動車・教育ローンなどの貸出金残高は約13兆円に及びます。

労働金庫連合会〈労金連〉は、全国13の〈ろうきん〉を会員とする中央金融機関として、業態共通の商品やサービスの開発・提供、〈ろうきん〉間の資金需給調整、〈ろうきん〉の余裕資金の効率的な運用、業態統一オンラインシステム「アール・ワンシステム」の開発・運営など、〈ろうきん〉が行う金融活動を支える役割を担っております。
〈労金連〉の2017年度の業績は、総資産9兆9,840億円、預金残高7兆3,660億円、当期純利益150億円、自己資本比率25.79%となりました。
また〈労金連〉は、昨年、業態を代表して、国連が提唱する責任投資原則(PRI)にわが国の預金取扱金融機関としては、信託銀行以外で初めての署名をしました。これを契機に、連合の進めるワーカーズキャピタル責任投資の普及の取組みと連携しながら、より一層、ESG(環境・社会・ガバナンス)課題を考慮した投資を積極的に行ってまいります。

さて、〈ろうきん〉は、2015年に今後10年間の〈ろうきん〉がめざす姿を描いた「ろうきんビジョン」の中で、「勤労者の生活を生涯にわたってサポートする」、「非営利・協同セクターの金融的中核としてその役割を発揮する」、「人と人、人と地域をつなぐことを通じて、『共生社会』の実現に貢献する」の3つの役割を掲げました。
2015年9月、国連サミットで採択されたSDGsのスローガン「誰一人取り残さない」や、必要な金融サービスに全ての人々がアクセスでき利用できる状況をめざす「金融包摂」の考え方は、「ろうきんの理念」、「ろうきんビジョン」と合致するものです。〈ろうきん〉は、この「金融包摂」の考え方に立って、全ての勤労者に金融のセーフティネットを張り巡らせることをめざします。

「ろうきんビジョン」の実現に向けて、〈ろうきん〉は、勤労者との生涯取引を推進することを重点課題としています。複合取引の強化を図りながら、勤労者の様々なニーズに応じた良質な金融商品・サービスの提供、勤労者のライフイベントに応じた親身で丁寧な相談・提案活動、金融教育などの取組みを展開し、勤労者の生涯にわたるライフプランのサポートを行っています。
特に、「財形貯蓄」や「iDeCo」、2018年1月より制度が開始された「つみたてNISA」の活用などを勤労者のライフプランやニーズに即して提案しながら、勤労者の総合的な資産形成を支援しています。

〈労金連〉では、このような〈ろうきん〉の取組みを支援するため、ウェブコンテンツの充実、リーフレット・商品ラインアップ等の推進ツールの提供や新商品説明研修会等を行っています。〈労金連〉が選定する投資信託の商品では、〈ろうきん〉らしいわかりやすくて信託報酬の低いもの、ESG課題を考慮したものなど、約50の商品を揃えています。
iDeCoにつきましては、新たに加入対象となった公務員の方を中心に、加入件数が本年7月末で9万件を超え、金融機関の中でもトップクラスの実績をあげています。
今後、システム面においても、業態統一システムである「アール・ワンシステム」を最大限活用し、お客さまサービス向上に向け、ペーパーレス化や非対面取引の拡充といった課題に迅速に取り組んでまいります。

2018年度は、「ろうきんビジョン」の実現に向けて、第Ⅱ期となる〈労金連〉の第9期中期経営計画(2018~2020年度)がスタートする節目の年となります。〈労金連〉は、商品・サービス、チャネル戦略の強化やITの戦略的活用などを通じて、業態事業基盤の深化・拡大を図り、「中央金融機関としての役割・機能」を最大限に発揮してまいります。

今後とも、皆さまの一層のご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2018年9月


中江公人