〈ろうきん〉の経営 業態セーフティネット(ろうきん相互支援制度)
お客さまの預金を守るしくみに、預金保険制度(公的セーフティネット)があります。

預金保険制度のしくみはこちら
(預金保険機構のホームページにリンクします。)


この預金保険制度とは別に、〈ろうきん〉は、業態独自のセーフティネットとして、ろうきん相互支援制度を運営し、預金保険制度の利用に至ることのないよう、お客さまの大切な預金を守っています。

ろうきん相互支援制度は、①〈ろうきん〉の経営悪化を未然に防止し、その経営力強化を図るとともに、②資本増強等を必要とする〈ろうきん〉に対して労金連が支援を行うという2本の柱により構成されています。

〈ろうきん〉相互支援制度のしくみ

〈ろうきん〉業態のセーフティネットにはオール〈ろうきん〉、すなわち全国13〈ろうきん〉、労金協会および労金連の3者が参加しています。

〈ろうきん〉セーフティネット 1番目の柱は、

〈ろうきん〉の経営悪化を未然に防止するために行う〈ろうきん〉の経営状況のモニタリング(経営モニタリング)および経営改善指導等の予防的措置
〈ろうきん〉セーフティネット 2番目の柱は、

〈ろうきん〉の経営状態に応じて適用する金融支援措置

プリント