print
金融円滑化基本方針
最終改正 2011年10月1日

労金連(以下「本会」といいます。)は、労働金庫を会員とする中央金融機関として、これらの労働金庫の金融の円滑化を図るとともに、労働組合、消費生活協同組合その他労働者の団体が協同して組織する労働金庫の制度を確立して、これらの団体の行う福利共済活動のために金融の円滑を図ることを役割としております。

役職員一同は、この金融仲介機能の発揮という重要な役割を果たすため、本会の担う公共性と社会的責任を強く認識し、適切な業務の遂行に向け、次のような方針を定め、取り組んでまいります。

1.実施方針
(1)本会の融資については、お客さまの特性および事業の状況を勘案しつつ、できる限り柔軟に対応するよう努めてまいります。
(2)本会の融資を利用されているお客さまからの貸付条件の変更等のお申込みに対しては、お客さまのご要望を真摯にお伺いし、お客さまの状況を十分ふまえたうえで、お借入れの返済に係る負担の軽減に資する措置をとるよう努めます。
(3)お客さまに対する経営相談に積極的かつきめ細かく取り組み、お客さまの経営改善に向けた取組みをご支援できるよう努めてまいります。
(4)貸付条件の変更等のご相談・お申込みに対するお客さまへの説明を適切かつ十分に行うよう努めてまいります。
(5)貸付条件の変更等のご相談・お申込みに対するお客さまからのお問い合わせ、相談、要望および苦情への対応を適切かつ十分に行うよう努めてまいります。
(6)お客さまから事業再生ADR手続(産業活力の再生および産業活動の革新に関する特別措置法に規定する特定認証紛争解決手続をいいます。)の実施の依頼を受けた特定認証紛争解決事業者(以下、「事業再生ADR解決事業者」といいます。)より当該事業再生ADR手続の実施を依頼するか否かの確認があった場合において、迅速な紛争解決のために当該依頼をするよう努めてまいります。
(7)企業再生支援機構からの債権買取申込みまたは事業再生計画に従って債権の管理または処分をすることの同意の求めに適切に対応するよう努めてまいります。
(8)上記同意に係る事業再生計画について、貸付条件の変更等、協力するよう努めてまいります。
(9)お客さまからの貸付条件の変更等のお申込み、お客さまに係る事業再生ADR手続の実施依頼の確認、企業再生支援機構からの債権買取申込み等の求めについて、他の金融機関や政府系金融機関、信用保証協会等、中小企業再生支援協議会、住宅金融支援機構が関係している場合には、当該者と緊密な連携を図るよう努めてまいります。

2.金融円滑化に係る体制等
(1)本会は、金融の円滑化を適切に行うために、次のような体制を整備しております。
1)金融円滑化管理責任者の設置
金融円滑化管理の適切性の確保に向けて、理事会および常務会のもと、以下の役割を担う金融円滑化管理責任者を設置します。
 ア.弁済負担軽減の対応措置の状況を適切に把握する。
 イ.弁済負担軽減の対応措置に係る苦情相談を適切に行う。
 ウ.中小企業者事業の改善・再生支援を適切に行う。
当該管理責任者は、事務部の担当常務理事とし、上記ア.からウ.の役割のほか、金融円滑化管理部署に対する指示をはじめ、金融円滑化管理の全般を統括します。
2)金融円滑化管理部署の設置
事務部の貸付担当セクションを金融円滑化管理部署とし、金融円滑化管理責任者の指示のもと、金融円滑化管理に必要な情報を集約し、金融円滑化管理の適切な運営を行います。
3)相談窓口
金融円滑化に係る貸付条件の変更等に関するお問い合わせ、相談、要望および苦情は、事務部でお受けする体制とします。
*窓口については、後掲のお客さまのための相談窓口をご参照ください。
(2)記録・保管      
弁済負担軽減の対応措置の状況および弁済負担軽減の対応措置にかかる苦情相談については、漏れなく記録し、適切に保管いたします。
(3)方針の見直し     
この基本方針は、理事会において、適時に見直すものといたします。
以上


お客さまのための相談窓口
所在地  千代田区神田駿河台2-5-15 労働金庫会館
相談窓口 労働金庫連合会 事務部 貸付担当
電話番号 03-3295-9331(相談時間:土日・祝日および金融機関の休日を除く9時~17時)

print