全国ろうきんのCSR活動 ろうきん職員による活動

職員一人ひとりが、労金運動の担い手として〈ろうきん〉に求められている社会的な役割を理解し、地域清掃などの様々な活動に積極的に参加しています。

地域清掃 《北陸ろうきん》

地域清掃 《北陸ろうきん》のイメージ

地域貢献および環境保全の一環として、定期的な清掃活動を労使協同で行っています。

2017年度は北陸ろうきんの役職員約400人が富山・石川・福井の各地区に集まり、清掃活動を行いました。

社会貢献預金(笑顔プラス)の取り組み 《近畿ろうきん》

社会貢献預金(笑顔プラス)の取り組み 《近畿ろうきん》のイメージ

社会貢献預金(笑顔プラス)は、お客さまのご預金を店頭表示金利より「年0.1%」金利を引き下げさせてお預かりし(店頭表示金利が「年0.1%以下」の場合は、「0%」)、その引き下げた利息相当分と当金庫からの拠出金を合わせて、年に一度、当金庫から寄付金を贈呈する定期預金です。

近畿2府4県で子ども支援、被災地支援・防災、国際協力、障がい者生活支援、女性・マイノリティ支援、環境保全などを行っているNPO等の寄付先団体などへの寄付金の贈呈、及び、参加型のプロジェクト(学習会・セミナー、イベント企画への参加)を通して活動を応援しています。

近畿ろうきんは、勤労者が暮らす地域社会のさまざまな課題解決をめざす活動を応援することを通して、“助け合い”の輪をさらに広げ、“共生社会づくり”をめざしていきたいと考えます。これからも、会員とともに、社会とともに「はたらくあなたへ笑顔を届けに」さまざまな取組みを進めてまいります。

「認知症サポーター」の養成と「高齢者等見守り活動」への協力 《中国ろうきん》

「認知症サポーター」の養成と「高齢者等見守り活動」への協力 《中国ろうきん》のイメージ

中国ろうきんでは、地区ろうきん友の会をはじめ、高齢の方に多くの取引をいただいているなか、地域貢献活動のひとつとして、認知症サポーターの養成と地域で行われている「高齢者等見守り活動」への協力を進めています。

認知症サポーターの養成については、全職場において「認知症サポーター養成講座」の受講を進め、合計636名が同講座を受講(または外部講座に参加)しました(2016年3月末現在)。

また、中国地区の自治体(山口市・岩国市・宇部市など)と「高齢者等見守り活動」に関する協定覚書の締結、事業所登録等を行っています。