全国ろうきんのCSR活動 預金・融資が社会貢献につながる仕組み

〈ろうきん〉は、勤労者のための福祉金融機関として、はたらく仲間からお預かりしたお金を、はたらく仲間の生活を豊かにするために活用しています。ろうきん財形による貯蓄推奨、震災遺児支援定期預金の発売、災害時の特別融資などの他、預金残高や融資の取引件数に応じて〈ろうきん〉が寄付金を拠出するなど、金融サービスを通じて、勤労者の生活向上と社会課題の解決を目指しています。

「ろうきん「つなぐプロジェクト」 《北海道ろうきん》

「ろうきん「つなぐプロジェクト」 《北海道ろうきん》のイメージ

本プロジェクトは、各種社会貢献活動のひとつとして実施しています。2018年度は期間中(2018年4月1日~2019年3月31日)に北海道ろうきんの預金・各種サービス・ローンをご利用いただくと、1件につき100円を北海道ろうきんが拠出して地域に貢献する活動を行う団体へ寄付を行う取組みです。

ろうきん奨学会 《長野ろうきん》

ろうきん奨学会 《長野ろうきん》のイメージ

ろうきん奨学会(以下、奨学会という)は、昭和42年に長野ろうきん創立15周年の記念事業として設立され、会員構成員の子弟を対象に奨学資金を無利子で融資することを目的とする会であり、奨学会基金は、長野ろうきんからの寄付金と、会員から利用分量配当金の一部を充てた拠出金からなり、法人格なき財団と解せられます。奨学会は、長野ろうきんの会員構成員の子弟であって大学及び高等学校に在学し、学費の支払いが困難と認められる者に対し学費を貸し付け、以って有為の人材の育成に資することを目的としています。

地域福祉に役立宣言 《静岡ろうきん》

地域福祉に役立宣言 《静岡ろうきん》のイメージ

地域社会への貢献を目的として、1998年より毎年静岡県下の福祉施設へ「車いす・福祉車両(車いす移動車)」の寄贈を継続しております。2017年度までの20年間に、のべ222施設に対し、累計で車いす560台、福祉車両27台を寄贈しました。

2017年度は湖西市の「社会福祉法人南浜名湖会 特別養護老人ホーム光湖苑」様へ福祉車両(車いす移動車)を寄贈しました。